停電した場合はどうすればよいですか?

  • ご近所も電気が消えている場合
    台風や落電などにより電柱・電線などの電気を送り届けるための設備に不具合が生じ停電になっている可能性があります。その場合は、一般送配電気事業者(関西電力送配電株式会社・東京電力パワーグリッド株式会社等)が管轄となりますので、お住まいのエリアの一般送配電事業者の緊急受付センターへお問い合わせをお願いいたします。
    • 東京電力エリアの方は東京電力HPよりご連絡ください
    • 関西電力エリアの方は関西電力HPよりご連絡ください
  • ご自宅だけが停電の場合
    一度に電気を使い過ぎたためにブレーカーが作動し、停電してしまうこともあります。分電盤の操作で電気がすぐに復旧する場合もあるので、分電盤で以下のことをお確かめください。

    1. アンペアブレーカー(分電盤向かって左端):「切」になっている場合、一度に使用する電化製品を少なくして「入」にしてください。
    2. 配線用遮断器(分電盤に複数並んでいる小さなスイッチ):「切」になっているスイッチがある場合、その場所で使用している電化製品を少なくして「入」にしてください。
    3. 漏電遮断器(アンペアブレーカーと配線用遮断器の間にある):「切」の場合、[配線用遮断機]を一度すべて「切」にしてから、[漏電遮断器]を「入」にし、[配線用遮断器]をひとつずつ「入」にする。
      ※なお、ブレーカーの操作は、原因と考えられる機器がある場合はそのコンセントを外して(濡れている場合は乾いて)から行ってください。電気機器や屋内配線に不具合がありますと漏電遮断器などの安全ブレーカーが作動することもあります。

      またお困りの際は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、こちらからお問い合わせください。

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。